欧米で販売済みのエバーラストはプリリジーと同じ効果

早漏の原因として、亀頭が敏感になって挿入後にすぐ射精してしまうことがあげられています。
しかし、それ以外にも、精神的な不安やストレスなどが影響していることが解ってきました。
欧米などの先進国では、早漏を改善する治療薬がすでに販売済みです。
プリリジーやプリリジーのジェネリック医薬品である、エバーラストが治療薬として用いられています。
これらの主成分であるダポキセチンは、リラックス効果のあるセロトニンの分泌を高めて、精神的な不安を感じさせる脳の神経伝達物質の分泌を抑える働きがあります。
海外の臨床検査では、射精までの時間が3倍から4倍ほど長くなったという報告もされています。
海外では認可されている薬ですが、日本では残念ながら認可はされていません。
エバーラストを購入するなら、インターネットの輸入代行サイトを利用するのが良いでしょう。
日本語のサイトなので安心して医薬品を購入する事ができて、通常のネットショッピングと同じ方法で購入する事ができます。
性行為を行なう1時間から3時間ほど前に1錠服用すると、射精までの持続時間を長くさせることができます。
パートナーとの性生活をスムーズに行なうためにも、早漏で悩んでいる方には最適な医薬品です。

プリリジーと同じ効果があるエバーラスト

前述のように、早漏治療薬であるプリリジーのジェネリック医薬品である「エバーラスト」は、早漏を防止する効果のあるダボキセチンを主成分としており、プリリジーと同じ効果を得ることができます。
エバーラストの使用方法として、服用は原則として成人男性に限られており、性行為をおこなう1時間~3時間前に1錠を経口服用します。
エバーラスト服用に関して併用を禁止されている薬がいくつかあり、HIV治療役であるプロテアーゼ抑制剤や抗うつ剤であるネファドゾンや抗生物質であるテリスロマイシンなどが挙げられます。
エバーラストを服用した際に起こりうる副作用として代表的なものとしては頭痛や目眩や胃の不快感などがあります。
極希に視力の低下や味覚障害や射精ができなくなるなどの症状があらわれることがあり、もし副作用があらわれた際に速やかにエバーラストの使用をやめ医療機関で診察および治療を受ける必要があります。
また、エバーラストを使用するうえでの注意事項として1日に60mg以上の使用が禁止されていることや服用の際には飲酒をしてはいけないなどが挙げられます。
また、エバーラストには血圧を低下させる効果もあるので服用後に血圧が低下した場合には車の運転などは控える必要があります。